展 示 室 -2

画像をクリックすると、拡大してご覧になれます

.畦地梅太郎 (1902-1999 )
『 甲州の山 』 2600 年版
1940 年 木版 
.31.0 x 45.5 cm
印、摺込サイン
.\350,000

.畦地梅太郎
『 大菩薩嶺 (妙見の頭)』 2600 年版
1940 年 木版 
.30.3 x 45.2 cm
印、摺込サイン
.\300,000
.畦地梅太郎
『山』 (一木集 II )
1946年 木版 
.21.0 x 18.2 cm
.\70,000
.畦地梅太郎 (1902-1999 )
.愛媛県三間町に生れる。1926年内閣印刷局活版課に務め、仕事の合間に鉛の
.板を釘やナイフなどで引っかき油性インクで摺った。 その作品を持って
.平塚運一を訪ね、激賞されて版画の道に入る。
1927年 .日本創作版画協会展初入選。 これを機に 恩地孝四郎を知り強く
.感化される。
1932年 .日本版画協会会員となる。1937年 軽井沢で煙を噴き出している
.浅間山に圧倒され、 それから 制作の主題を「山」に絞り込む。
参考資料: 「Modern Japanese Prints」オリバー・スタトラー著 タトル
 商会 1956年 「畦地梅太郎全版画集」 講談社 1979年
「畦地梅太郎全版画集」 町田市立国際版画美術館 南海放送
 畦地梅太郎記念美術館 1991年
「生誕百年記念 畦地梅太郎 山のよろこび」 町田市立国際版画
 美術館 2001年

中川伊作 (1899-2000 )
『 梳髪 』
1929年 木版 
29.5 x 21.0 cm
摺込印
\45,000

中川伊作 
『 琉球の娘 』
1933年 木版
40.0 x 60.0 cm 
サイン
\60,000
中川伊作 (1899-2000 )
明治32 (1899)年、京都市に生まれる。本名、伊三郎。
京都市立絵画専門学校を卒業。国画創作協会展に日本画
を出品したことがあるが、当時より版画に主力を注ぎ、
日本創作版画協会展、日本版画協会展に出品。また京都
創作版画協会の創立に関わった。
沖縄での琉球南蛮の収集でも知られる。沖縄で没。

.平塚運一 (1895-1997 )
『 海沿いの段々畑(伊豆)』
1933年 木版
46.6 x 60.1 cm 
.\350,000

.平塚運一 
『湖へゆく道』
.1933年 木版
29.2 x 37.1 cm
.摺込サイン・印
.\120,000



.平塚運一 
『五十鈴川』
.1939年 木版
.28.7 x 34.4 cm
.摺込サイン・印

.平塚運一 
『五十鈴川』 (油彩)
.38.0 x 45.5 cm
.サイン
.以上2点組 \200,000

平塚運一 (1895-1997 )
松江市に生れる。師匠 石井柏亭の勧めで名人彫師 伊上凡骨に彫技を学ぶ。後に彫りの
名手と言われる。1921年 第3回日本創作版画協会展に出品。1924年 同会会員となる。
版画を普及させる為、日本全国で版画講習会を開催。また東京美術学校(現 芸大) では
木版画の講師として活躍。全国に弟子を育成した。棟方志功もその一人。
他には運一門下の三羽烏と言われた 畦地梅太郎、前田政雄、下沢木鉢郎ら多数。 版画
への情熱は102歳で亡くなるまで続いた。

.前田政雄 (1904-1974 )
『石庭・竜安寺 (C)』
.1962年 木版 5/50
.44.2 x 59.1 cm
鉛筆サイン
.¥150,000


.前田政雄 
『金鶏山(妙義)』
.1966年 木版 2/50
.40.8 x 53.0 cm
鉛筆サイン
.¥150,000


.前田政雄
『臥牛山暮色』
.1964年 木版
.25.7 x 36.0 cm 
鉛筆サイン
.\65,000

前田政雄 (1904-1974 )
1904年 北海道函館市に生れる。
1924年 函館を訪れた平塚運一と出会う。 その後上京し、 油絵を私淑し
ていた梅原龍三郎に、版画を平塚運一に師事。
1927年 第7回日本創作版画協会展に出品。 同年12月 版画誌 「版」を創
刊する(同人は平塚運一と門下生。9号まで) 。
1932年 日本版画協会会員となる。戦前は海、戦後は山を主題とした作品
が多い。
参考資料: 「版ニュースNo.6 前田政雄 」輝開 2000年
「前田政雄展」北海道立函館美術館 2006年
★運一門下の三羽烏と言われた 畦地・前田・下澤の中で 唯一「版画作品集」
.がない前田政雄。 それゆえ、全くという程わからないままであった戦前の
.業績を調査し「版ニュースNo.6 前田政雄」で発表しました。 その時収集し
.た資料等が前田の故郷・函館で展示されました。

「前田政雄展」 北海道立函館美術館 2006年 1月21日〜3月21日 開催。

下山木鉢郎 (1901〜1986 )
『樺太浜路沼』
1930年頃 木版 
18.2 x 24.2 cm
左に下山木鉢郎 鉛筆サインと印
\60,000

下澤木鉢郎 
『利尻富士』
1933年 木版 
18.2 x 24.2 cm
印 
\60,000
.下山木鉢郎 下澤木鉢郎 (1901〜1986 )
1901年 弘前市に生れる。
1916年 画家を志して上京、中央美術社に入社。そこで石井柏亭を知り、
油彩、水彩、テンペラなどを描く。
1921年 2年間の兵営生活。実弾演習で砲手をやった時に耳栓が抜けて
左耳はダメになり右耳は難聴になる。
1924年 この頃から柏亭の弟子 平塚運一の指導を受ける。
1928年 日本創作版画協会々員となる。
1932年 結婚して 下山姓から下澤になる。 本名は喜八郎。 木鉢郎は
俳句・絵画の号である。
.下澤木鉢郎のことば 「冬の寒さはこたえるが雪景を描くことは楽しみであ
.る(中略) 雪に根をおろした雪の版画を描くことは楽しみである。」(1949年) 

.黒木貞雄 (1908 - 1984 )
『 ばんば踊 』
1957年頃 木版
16.9 x 24.0 cm
.摺込サイン
.¥38,000

.黒木貞雄
『 岩戸神楽 』
.1960年頃 木版
.40.8 x 31.7 cm
..鉛筆サイン
.¥45,000

.黒木貞雄
『 石仏 』
1957年頃 木版
.36.0 x 50.5 cm
.摺込サイン
¥50,000

.黒木貞雄 (1908 - 1984 )
1908年 宮崎県延岡市に生まれる。
1931年 宮崎師範卒業。川端画学校に学ぶ。
1935年 - 日本版画協会展、 1936年から国画会展に出品する。

各作品のサイズ表記はイメージ(画面)サイズです.

作品はシート (マット・額 無し) での販売となります.

詳細につきましては、お気軽にお問い合わせ下さい.

画像は実際とは異なる点もありますので、ぜひとも
ご来店のうえ、お手にとってご確認ください.

当店取扱作家の版画(特に畦地梅太郎 自摺版画)を求め
ております. ご連絡下さい.
kikai@tbj.t-com.ne.jp


自分掘出し版画コーナー

展 示 室 1

展 示 室 2

展 示 室 3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

富 士 山 特 集

オリバー・スタトラー 特集

トップページ

マップ

取 扱 い作 家

創作版画は"いのち"の栄養

お問合わせ・お申込み

輝 開 のご紹介

English

アート ディーラーズ リーグ

展示作品: 金森世士夫 (創作版画 木版画) 平塚運一 (創作版画 木版画) 畦地梅太郎 (創作版画 木版画) 笹島喜平
(創作版画 木版画) 山口源(創作版画 木版画)馬淵聖(創作版画 木版画)柿原俊男(創作版画 木版画) 金森世士夫
(創作版画 木版画) 平塚運一 (創作版画 木版画) 畦地梅太郎 (創作版画 木版画) 笹島喜平 (創作版画 木版画)
山口源(創作版画 木版画)馬淵聖(創作版画 木版画)柿原俊男(創作版画 木版画) 金森世士夫 (創作版画 木版画)