展示室-5

画像をクリックすると、拡大してご覧になれます

.品川 工
『 妖精 』
木版
36.0 x 24.2 cm サイン
¥38,000

.品川 工 
『 円 舞(終曲のない踊り)』
1953年 木版
.38.6 x 30.3 cm サイン
.\60,000
品川 工・他の作品
.品川 工 (しながわ・たくみ) (1908-2009)
.新潟県に生まれる。 東京府立工芸学校金属科卒。
1935年 印刷会社に勤める傍ら、 恩地孝四郎に紙
.の造形作品を見せたところ、その作品の版画化を
.勧められる。以来、恩地に師事。版画の道に入る。

.及川康雄
『 新道 』
1993年 銅版
11.3 x 16.0 cm  サイン
¥30,000
及川康雄 (おいかわ-やすお) (1891- )
1891年 三重県に生まれる。東京美術学校西洋画科卒。
1929年 織田一磨らが結成した「洋風版画会」に参加。

.前田藤四郎
『 桜島(夕)』
1949 年 リノカット
26.3 x 33.5 cm 印
.\70,000
.

.前田藤四郎
『 燕 』
.木版
.30.8 x 43.6 cm 印
.\70,000

.前田藤四郎
『 紅型 (A) 』
1939年 リノカット
.43.4 x 31.0 cm 印
.\120,000

.前田藤四郎
『 紅型(B) 』
1939年 リノカット
18.0 x 33.8 cm 印
.\60,000

.前田藤四郎
『 大原女 』
1950年 木版
.51.0 x 25.8 cm 印
.\120,000
前田藤四郎・他の作品
.前田 藤四郎 (まえだ・とうしろう) (1904-1990 )
1904年、兵庫県明石市に生まれる。 神戸高等商業学校後、松坂屋宣伝部に入社。
商業美術家として活躍する。そのかたわら、平塚運一著「版画の技法」によって
.版画制作を試みる。
1939年 第17回春陽会展で「紅型」などにより春陽会賞を受賞。 翌年会員となる。


.伊藤勉黄 
『 駿府城址と市塔 』
1982 年 木版 80/150
32.8 x 47.8 cm サイン
.\30,000
伊藤勉黄・他の作品
伊藤勉黄 (いとう・べんおう) (1917-1992)
静岡県大井川町に生まれる。 本名は勉。 国学院大学に学ぶ一方、
版画を独習。昭和21年 (1946年) 静岡県版画協会の創立に参加する。
日本版画協会会員。 国画会会員。

.恩田秋夫
『 初戀や』
1971年 木版
.48.3 x 64.3 cm サイン 印
.\50,000


.恩田秋夫
『 菖蒲湯や』
1970年 木版
.50.0 x 41.5 cm サイン 印
.\45,000
恩田秋夫・他の作品
.恩田秋夫 (おんだ・あきお) (1924-2007 )
大正13 (1924) 年、東京に生まれる。昭和31 (1956) 年、武蔵野美術学校を卒業。
.昭和38 (1963) 年から 昭和43 (1968) 年、武蔵野美術大学で講師を勤める。
.棟方志功の助手となる。 芭蕉、蕪村、一茶らの「俳句入り版画」を多数制作。

.山口 進 
『 田舎芝居 』
1950年 木版(一木集VIより)
.22.0 x 19.6 cm 印
.\35,000

.山口 進
『 裸婦と花 』
1930年 木版
16.3 x 23.6 cm
.\30,000
山口 進・他の作品
山 口 進 (やまぐち・すすむ) (1897-1983 )
1897年 長野県伊那に生れる。
1912年 15歳の時、見よう見まねで父の履き古しの下駄を版木にして
木版画を制作したという。
1923年 日本創作版画協会展に出品。 1929年 同会会員となる。
山口独自な摺りである「びしょびしょ摺り」は 恩地孝四郎の
摺りにも影響を与えた。
参考資料: 「Modern Japanese Prints」オリバー・スタトラー著 タトル商会
1956年「山口進版画集」 形象社 1979年

.田川 憲 
『 長崎の深層風土 』
1961年 木版
.38.0 x 53.0 cm
.摺込サイン・ 印
.\65,000

.田川 憲
『 オークションの店 』
1958年 木版
.19.7 x 23.5 cm
.ペンサイン
.\50,000

.田川 憲
『 居留地の廃屋 』
1956年 (摺-1962年) 
.木版 34.3 x 38.3 cm
.ペンサイン
.\60,000


.田川 憲
『 長崎の洋館 』
1966年 木版
.29.5 x 42.3 cm ペンサイン
.\55,000
田川 憲・他の作品
.田 川 憲 (たがわ・けん) (1906〜1967 )
1906年 長崎市に生れる。
1926年 上京し、1927年 恩地孝四郎に会って以来 版画に惹かれる。
1928年 川端画学校に学ぶ。1932年頃より版画を始める。
1933年 長崎に帰る。 1934年「版画長崎の会」を設立。
1940年 日本版画協会々員となる。
1941-42年 上海在住。上海版画協会、上海版画研究所を設立。
1945年 帰国。(16日間 東シナ海を漂流して長崎県五島に帰着) 
堀口大学、金子光晴ら詩人と親交があり、堀口大学 訳
「アポリネール詩集」に木版挿画を描く。
.参考資料 「田川 憲 版画集 長崎東山手十二番館」形象社 1973年


他にも初心者からコレクターまで満足して頂ける在庫が豊富に揃えてありますので、
お気軽にお問い合わせ下さい.

各作品のサイズ表記はイメージ(画面)サイズです.

作品はシート (マット・額 無し) での販売となります.

詳細につきましては、お気軽にお問い合わせ下さい.

画像は実際とは異なる点もありますので、ぜひとも
ご来店のうえ、お手にとってご確認ください.

当店取扱作家の版画(特に畦地梅太郎 自摺版画)を求め
ております. ご連絡下さい.
kikai@tbj.t-com.ne.jp

自分掘出し版画コーナー

展 示 室 1

展 示 室 2

展 示 室 3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

富 士 山 特 集

オリバー・スタトラー 特集

トップページ

マップ

取 扱 い作 家

創作版画は"いのち"の栄養

お問合わせ・お申込み

輝 開 のご紹介

English


アート ディーラーズ リーグ
展示作品: 金森世士夫 (創作版画 木版画) 平塚運一 (創作版画 木版画) 畦地梅太郎 (創作版画 木版画) 笹島喜平
(創作版画 木版画) 山口源(創作版画 木版画)馬淵聖(創作版画 木版画)柿原俊男(創作版画 木版画) 金森世士夫
(創作版画 木版画) 平塚運一 (創作版画 木版画) 畦地梅太郎 (創作版画 木版画) 笹島喜平 (創作版画 木版画)
山口源(創作版画 木版画)馬淵聖(創作版画 木版画)柿原俊男(創作版画 木版画) 金森世士夫 (創作版画 木版画)