オリバー・スタトラー特集

画像をクリックすると、拡大してご覧になれます



オリバー・スタトラー 特集


日本の現代版画を 英文で初めて本格的に
紹介した本、「Modern Japanese Prints」
(オリバー・スタトラー著 タトル商会
1956年) に図版が紹介されている木版画
のご紹介コーナーを開設しました。
オリバー・スタトラーの世界を楽しんで
下さい。


「よみがえった芸術 日本の現代版画」
.Modern Japanese Prints の翻訳本
.玲風書房 2009年 (本体\2,800+税)
.TEL 03-5343-2315



.稲垣知雄 (1902-1980 ) 
『 Lamp 』
.1954年 木版 23/50 
.53.2 x 41.0 cm  サイン
.\90,000
.稲垣 知雄 (1902-1980 )
1902年 東京に生れる。
1923年 版画誌「詩と版画」に木版画の投稿を始める。これが縁で恩地孝四郎
に師事する。
1924年 日本創作版画協会展に初出品。 1932年 日本版画協会会員となる。
1956年 英文で日本の現代版画を初めて本格的に紹介した本「Modern Japanese
Prints」が国際的な日本版画 (創作版画) ブームをひきをこす。表紙を
「猫のお化粧」が飾り評価は国際的になる。

.馬淵 聖 (1920-1994)
『 西 日 』
.1953年 木版 5/10
.54.5 x 74.5 cm
.鉛筆サイン
.\200,000
.
.馬淵 聖 (まぶち・とおる) (1920-1994 )
1920年 東京に生まれる。父、録太郎は木口木版の彫師。東京美術
.学校在学中、平塚運一の指導を受ける。
1960年 棟方志功・前川千帆らと日本版画会(日版会)の創立に参加。
1981年 日本版画会会長に就任。 

.下澤 木鉢郎 (1901〜1986 )
『 碇ケ関 』
.1949年 木版
.23.2 x 33.4 cm 
.毛筆サイン
.\70,000
.下澤 木鉢郎 (1901〜1986 )
1901年 弘前市に生れる。
1916年 画家を志して上京、中央美術社に入社。そこで石井柏亭を知り、
油彩、水彩、テンペラなどを描く。
1921年 2年間の兵営生活。実弾演習で砲手をやった時に耳栓が抜けて
左耳はダメになり右耳は難聴になる。
1924年 この頃から柏亭の弟子 平塚運一の指導を受ける。
1928年 日本創作版画協会々員となる。
1932年 結婚して下山姓から下澤になる。本名は喜八郎。 木鉢郎は俳句・
絵画の号である。
.下澤木鉢郎のことば 「冬の寒さはこたえるが雪景を描くことは楽しみである
.(中略) 雪に根をおろした雪の版画を描くことは楽しみである。」 (1949年) 

.山口 進 (1897-1983 )
『 大正池 』
.1952年 木版 
.43.5 x 58.7 cm 鉛筆サイン
.sold
山 口 進 (1897-1983 )
1897年 長野県伊那に生れる。
1912年 15歳の時、見よう見まねで父の履き古しの下駄を版木にして木版画
を制作したという。
1923年 日本創作版画協会展に出品。 1929年 同会会員となる。
力強い山の連作で知られている。他に山の得意な版画家と言えば、
畦地梅太郎、前田政雄がいる。山口独自な摺りである「びしょびしょ
摺り」は 恩地孝四郎の摺りにも影響を与えた。

.笹島 喜平 (1906 -1993 )
『 高原初冬 』
.1947年 AP
.38.5 x 50.3 cm サイン
.\80,000

笹島 喜平 (1906 -1993 )
1906年 栃木県益子町に生れる。
1927年 東京府立青山師範学校を卒業。 教職に就く。
1936年頃 平塚運一の版画講習会に参加、木版画の指導を受け、白黒版画に魅せられる。
1937年頃 帰省の際、浜田庄司に版画を始めたことを話したところ棟方志功を紹介される。
棟方の人柄そのままの闊達自在な作品に魅せられ師事する。
1941年 第4回文部省美術展に「山道」入選。これにより版画家になることを決意。
1948年 日本版画協会々員となる。
1949年 国画会々員となる。
1952年 棟方志功・下澤木鉢郎らと日本版画院を創立。

.前川 千帆 (1888-1960 )
『花売り娘』
.1951年 木版
.37.0 x 29.0 cm   前川千帆 印
.\150,000

.前川 千帆 
『温泉裸婦』
.1949年 木版
.47.0 x 41.0 cm   前川千帆 印
.sold
.前川 千帆 (1888-1960 )
.京都に生れる。南薫造の木版画に感激し版画の道へ。
1919年 第1回日本創作版画協会展に出品。1922年 同会会員となる。以後40年に
.わたって版画制作にかけた情熱は72歳で亡くなるまで続き、誠実な人柄そのまま
.の率直な作風を貫いた。創作版画の御三家(恩地・平塚・前川)と言われた。
.

.平塚 運一 (1895-1997 )
『耶馬渓羅漢寺』
.1935年 多色木版
.34.9 x 29.3 cm 印
.¥200,000 
平塚 運一 (1895-1997 )
松江市に生れる。 師匠 石井柏亭の勧めで名人彫師 伊上凡骨に彫技を学ぶ。
後に彫りの名手と言われる。 1921年 第3回日本創作版画協会展に出品。
1924年 同会会員となる。 版画を普及させる為、日本全国で版画講習会を開催。
また東京美術学校(現 芸大) では木版画の講師として活躍。全国に弟子を育成した。
棟方志功もその一人。他には運一門下の三羽烏と言われた 畦地梅太郎、前田政雄、
下沢木鉢郎ら多数。 版画への情熱は102歳で亡くなるまで続いた。

.北岡 文雄 (1918 -2007 )
『卓上静物(A)』
.1949年 多色木版 
.35.5 x 45.0 cm 摺込みサイン
.¥180,000
.北岡 文雄 (1918 -2007 )
1918年 東京に生れる。
1939年 東京美術学校油絵科在籍中に平塚運一の教室で木版画を学ぶ。
同年第8回日本版画協会展に初出品する。
1942年 平塚運一が主催する「きつつき会」に参加。
1943年 日本版画協会々員となる。
1944年 恩地孝四郎を中心とする版画研究会「一木会」に加わる。
1955年 フランスに留学。3人目の師である長谷川潔に出会う。
また 1964〜65年フルブライト交換教授としてミネアポリス・
スクール・オブ・アート 及び ニューヨーク・ブラット・
グラフィック・アートセンターにて木版画を指導。
2007年 4月22日逝去。 享年89歳。

.初山 滋 (1897 -1973 )
『白い馬』
.1948年  木版
.24.0 x 33.0 cm 
.\180,000

.品川 工 (1908 -2009 )
『石仏』
.1951年 木版 
.50.0 x 57.4 cm 鉛筆サイン
.\100,000
.品川 工(たくみ) (1908-2009 )
1908年 新潟に生れる。彫金を学ぶ。
1935年 恩地孝四郎に紙の造形作品を見せたところ、その作品の版画化を勧められて、
以来、恩地に師事。版画の道へ入る。


参 考 出 品  
.
輝開がこれまでに取り扱ったスタットラー著書
掲載作品の一部を以下に御紹介させて頂きます。


. 山本 鼎 (1882〜1946 )
『ブルターニュの小湾』
.1913年 木版
.14.9 x 21.5 cm 
.


.前田 政雄 (1904-1974 )
『黒猫』
.1940年 木版 28/50
.36.7 x 45.4 cm
.鉛筆サイン


.馬淵 聖 (1920-1994 )
『高原の池』
.1954年 木版
.27.0 x 42.3 cm 
.画面右下に印


.品川 工 (1908 -2009 )
『俳優』
.1953年 木版
.54.3 x 33.3 cm 
.鉛筆サイン



.他にも初心者からコレクターまで満足して頂ける在庫が豊富に揃えてありますので、
● .お気軽にお問い合わせ下さい.

各作品のサイズ表記はイメージ(画面)サイズです.

作品はシート (マット・額 無し) での販売となります.

詳細につきましては、お気軽にお問い合わせ下さい.

画像は実際とは異なる点もありますので、ぜひとも
ご来店のうえ、お手にとってご確認ください.

当店取扱作家の版画(特に畦地梅太郎 自摺版画)を求め
ております. ご連絡下さい.
kikai@tbj.t-com.ne.jp


自分掘出し版画コーナー

展 示 室 1

展 示 室 2

展 示 室 3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

富 士 山 特 集

オリバー・スタトラー 特集

トップページ

マップ

取 扱 い作 家

創作版画は"いのち"の栄養

お問合わせ・お申込み 輝 開 のご紹介

English

アート ディーラーズ リーグ

山口源(創作版画 木版画)馬淵聖(創作版画 木版画)柿原俊男(創作版画 木版画) 金森世士夫 (創作版画 木版画)